第16話 休日(2)※書きかけ

聡はため息をつくと、観念してドアをあけた。

「ちょっと、なんなの?」「センセイ、お昼買ってきた。ハイ」

突然の来訪への迷惑さを口にしようとしていた聡だが、突き出された白いビニール袋に意表を突かれる。……聡が前にバイトしていた店のお弁当だ。

「もう昼だし、お腹すいてるでしょ」とニコニコしている。

「渡したいものって、これ?」

「ちがーう。他人の家を訪問するときは、手土産持っていくというマナーです。あがるよ」

将はビニールを聡に渡すと、強引に玄関に入り込んでもうスニーカーを脱いでいた。

「ちょ、ちょっと山田さ……鷹枝君」

聡がとめる間もなく、将はずかずかと聡の部屋に入ってしまった。

「ふーん、ここが先生の部屋か。結構お洒落にしてるじゃん…て、先生寝てたの?」

将の視線の先には、寝乱れたベッドと脱ぎ捨てたタンクトップなどがあった。

聡はあわてて掛布団を整えて、それらを隠した。

「ごめんねー。起こしちゃって」

といいながら、将はどっかりローテーブルの前に腰を下ろしている。

「ちょっと……」「先生、辞めるなよ」

突然の来訪と部屋に入り込んだことを抗議しようとしていた聡は、また遮られた。

ローテーブルの上にある辞表。将はそれを手にしていた。

「は? つーか」

聡はギョッとして、将の手から辞表を奪い取った。

「いきなり来るとか迷惑なんだけど!それにだいたいなんでここがわかったの?」

おさまりがつかなくて、聡は怒ってみせるしかなかった。

「コレ」

将がポケットから出したのは聡のなくなった携帯電話だった。

「……あんとき、あそこに落ちてた。何度も渡そうと思ったんだけどチャンスがなくてさ」

聡は携帯電話を手に取って開いてみる。待ち受けのお盆に撮影した博史の浴衣写真が飛び込んできた。聡が気に入っているものだ。

新しい機種に変えたとはいえ、思い出の写真など、この携帯の中にしかないデータもあった。聡にはかけがえのない思い出の1シーン。

(※2019年注釈:この物語の舞台である2006年頃の携帯電話は、スマホのようなデータまるごとクラウドにバックアップするような機能はありませんでした)

「悪用はしてないから」

「……ありがとう」

もう二度と戻ってこないと思っていたから、聡は嬉しさから素直にお礼の言葉を口にしていた。そして再び視線を博史に戻した。

「それ、彼氏?」

「うん」

「やっぱり、彼氏か、そっかあ~」

そのとき、地鳴りのような音が部屋に響き渡った。

「やべ」

将が腹に手を当てて苦笑いした。そんな将に聡は怒る気が失せた。

「お茶持ってくるね。ウーロン茶でいいよね」

聡はキッチンへ立った。